東京・世田谷にて野菜卸・青果卸。野菜ソムリエが産直の有機野菜を販売しております。

会社案内採用情報過去のブログはこちら

免疫力アップ

野菜で免疫力アップ

野菜で免疫力アップしませんか。

毎日仕入れている新鮮野菜でご提案です。生の野菜には、いま話題の「酵素」がたっぷり含まれます。酵素は、人間の生命活動の欠かせない栄養素で、生野菜や生野菜ジュースなどのすることで、効率よく体に取り込め、免疫力アップに効果絶大なんです。
生野菜には「酵素」がいっぱいです!
酵素ってどんなものか知っていますか?
酵素は人間が生きていくために欠かせない栄養素のひとつです。酵素には、体の中に初めから存在する「潜在酵素」を食べ物からとり入れる「食物酵素」があり、野菜に限らず、生の食べ物はすべて「食物酵素」をたっぷり含んでいます。

体内でつねに作られる「潜在酵素」は、「消化酵素」と「代謝酵素」に分かれて使われます。「消化酵素」は、腸内で食べ物の消化を助け、栄養を吸収しやすくします。そして、「代謝酵素」が、その栄養を代謝してエネルギーに変え、そのエネルギーは、呼吸や手足を動かすなどの動作、細胞の再生、ホルモンバランスの調整、免疫機能や自然治癒力の維持など、生命の活動の全般に使われます。
pic
酵素は体に必要なもの。不足するとどうなるの?
pic
酵素が足りない食生活

食べすぎや「食物酵素」の摂取不足で、「潜在酵素」を「消化酵素」として大量の使ってしまい、「代謝酵素」不足になります。代謝が悪く、免疫力も低下してしまいます。

酵素がたっぷりの食生活

消化がスムーズに行われ、「潜在酵素」を「代謝酵素」に多く回せるため、新陳代謝がよくなり、免疫力がアップします!


「潜在酵素」は体内で一定量しか作られず、加齢とともに作られる量が減少します。さらに、消化の悪い食べ物を食べたり、食べすぎたりすると、「潜在酵素」を「消化酵素」をして大量に使ってしまい、代謝に使われる酵素が少ししか残らなくなります。代謝に使われる酵素が少なくなると、生命の活動に必要な動きがスムーズに行われなくなり、免疫力や自然治癒力が低下して病気になりやすく、脂肪もたまりやすくなります。

そこで「潜在酵素」をむだ遣いせず、「代謝酵素」を確保するために、生の食べ物から、食べ物の消化を助ける「食物酵素」をとることが必要になります。生野菜ジュースは「食物酵素」のとり入れ方としてとても効果的です。一方、食べ物を48℃以上に加熱すると「食物酵素」は消滅するので、加熱処理された市販の野菜100%ジュースでは、「食物酵素」の摂取はできません。

どんな野菜に酵素が多いの?
酵素は13,000種類以上もあるといわれています。とくに、キャベツ、コマツナ、カブなどのアブラナ科の野菜は、強い抗酸化物質や抗がん誘導活性物質を含む酵素・イソチオシアネートを多く含んでいるので、免疫力を高めるのに効果的な野菜をいわれています。
また、キュウリは栄養価的にはあまり評価されていませんが、近年、脂肪分解酵素を多く含んでいることがわかり、ダイエット食材として注目されるようになりました。東京・世田谷で野菜卸・青果卸をしている丸安商店の野菜で酵素をとりませんか。

野菜でデザイナーフーズ・リストでガン予防!

1990年、米国の国立ガン研究所がガンを食事により予防できるのではとの仮説をたて開始したプロジェクトが「デザイナーフーズ計画(Designer Foods Project)」です。

膨大な量の疫学調査のデータを集め、予防に効果有る食品および食品成分約40類をピックアップし、その重要度に合わせて作られたのが、下のピラミッド型の「デザイナーフーズ・リスト」です。ピラミッドの中で、ガン予防の効果が高い食品ほど上部に位置しています(枠の中での順序は重要度とは関連しません)。

これを見るとにんじん、キャベツ、セロリ、たまねぎなど日常の食生活において摂取される野菜類にガン予防の可能性があることがわかります。また、一般的に、野菜は淡色野菜より緑黄色野菜の方が健康的と思われがちですが、淡色野菜も強いガン予防効果を有することが示されています。
pic
すでに、ヨーロッパで最も心臓の病気の患者の比率が高いフィンランドでは、公的機関が予防のために「運動」、「体重管理」、「脂肪の最適な摂取」、「喫煙のコントロール」とともに「ベネコル」などのデザイナーフーズを薦めており、日本でも、同様に研究が進んでいます。

この研究などから、世界がん研究財団とアメリカがん研究財団が『がん予防の食生活14ヵ条』をまとめて、1日400~800gの野菜や果物をとるようにすすめています。 日本では国立がんセンターが『がん予防の12ヶ条』をまとめて、野菜を積極的にとることをすすめています。また厚生労働省がまとめた『健康日本21』では、毎日野菜を360~400gとる必要があるとしています。

がん予防だけではなく食物繊維やビタミン類、抗酸化物質など、免疫力向上、健康美容に良い、等々さまざまな働きを持つ野菜。特定のものに偏らずバランスよく旬の野菜をとりたいものです。

生活習慣病の予防には食生活の改善が極めて重要です。
foot_lofo
                                                                                                                   
  • 青果卸業者をお探しの方はこちら